\ この記事をSNSでシェア /

 

こんにちはMayです。

夏!気温が上がってくると生物の活動が活発になりますねぇ~!

赤ちゃんや子供が虫に刺さる機会が増えて、そこから肌トラブルと起こしやすい季節。

悪化を防ぐ為のお話をしよう。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんや子供の虫刺れからのとびひ等予防法

赤ちゃんや子供は普段から体温が高く汗っかきやのに、夏になると虫が大好きな汗をもっとかくよなぁ~。

MayMay

虫刺されは2~6歳の子どもに多く、蚊・ハチ・ダニ・ブヨ・ムカデなどが多いねんで

MickyMicky

子供の虫刺されって大人よりひどくなって長引くのは、何でやろな

MayMay

蚊に何回も刺されることで、免疫ができて体が慣れてくるねん。
赤ちゃんや小さい子って、まだ免疫ないから反応が強く出るんや

刺されない為の予防

まず刺されないように予防する事も大事やね。

子供用の虫よけスプレーってのもあるやろうけど、主成分を分かって使ってるかな?

 

MayMay

予防には、虫よけ剤・清潔度・服装の3つについてお話するで

虫除け剤は、イカリジンやディートという成分を含むものが多い。

まずは2つの違い

 イカリジン(濃度15%) 
  • 年齢制限・塗る回数制限なし
  • 6~8時間有効

 

 ディート(低濃度12%) 

12歳未満の子どもに使う時は要注意!!

高濃度30%のものは使わない!

 

  • 年齢制限あり(6ケ月未満使用不可)
  • 6~8時間有効
  • 6ケ月~2歳未満1日1回
  • 2歳~12歳未満1日3回

*日焼け止めや薬を塗る場合:最後に虫よけ剤を塗る

 

MayMay

次に、清潔にすることも大事!って話

 清潔に! 

汗を拭く:

  • 汗は虫刺されの部位を悪化させる
  • こまめに汗を拭くかシャワー

爪を切る:

  • 爪による掻き壊しで肌トラブルへ

 

 
MayMay

最後に、行く場所に応じて服装にも気を付けよう!って話

 野山での服装 

特に野山に行く場合は、服装も気を付けよう!

  • 薄手の長袖長ズボンでお腹を出さない
  • 黒色や花柄模様の服は避け、白っぽい服
  • むやみに草むらに入らない

 

刺された後のケア

蚊に刺されたら、すぐ痒くなってプクーって発疹(関西弁:ほろせ)が出来るけど、結構すぐ治まるよな。

MayMay

子供って蚊に刺された経験が少ないから、刺された直後は無症状やねん

1~2日経ってから赤いしこりができて痒くなることが多いねんで

MickyMicky

そやから虫に刺された後、長いこと痒み続くねんな!

汚ったない手でも掻きまくって菌が入るやん!とびひってヤツや!!長引かさんことがポイントやな!!

MayMay

そう!一番大事な事は、痒みを抑える!って事

 

 痒みを抑える方法 

痒いから掻く!だから痒みを抑える!

  • 石鹸で良く洗い流水で流す
  • 患部を氷などで冷やす
  • 抗ヒスタミン剤やステロイド入り軟膏塗る
  • 痒みが酷い場合は、抗ヒスタミン剤の飲み薬服用
  • 息苦しい・蕁麻疹・めまい・嘔吐などある場合は即病院へ
  • マダニの場合は、取らずにつけたまま病院へ
 
MayMay

虫に刺されたときは冷却が基本!
知覚神経の感覚を鈍らせ、血管収縮で毒成分の拡散を遅らせることが目的
(引用元:朝日新聞)

 

お勧め虫よけ商品3選

赤ちゃんが使う虫よけ商品となると、気になるのが成分!

ディートは生後6ケ月までの赤ちゃんには使用不可やしね。

MayMay

出来たら害のない自然な物を使いたいって思う人も多いやろうね。

MickyMicky

オーガニックってヤツがええんちゃう!

MayMay

ええとこ突いたな!評価も高くて人気商品が良いな

国産オーガニック アロベビー

MayMay

1本で2役できるねん。

嫌な臭いもないし安全に赤ちゃんを日焼け(UVミスト(SPF15 PA++)と虫よけから守れるお勧め商品やで

 

虫くるりん 布用

MayMay

ベビーカーや服など布製品にかけるタイプ

虫が嫌うといわれている天然ハーブの精油と食品用原料成分で柑橘系の香り

除菌も出来るねんで

 

赤ちゃん子供使用に特化

MayMay

大手メーカーのフマキラーが出してる、赤ちゃんと子供に特化した商品

1回のスプレーで6~8時間効果があるねんで

 

赤ちゃんや子供の虫刺れから予防まとめ

室内での被害を防ぐには、第一に「虫を家に入れないこと」が大切!

蚊取りグッズやエアゾールなどの殺虫剤を上手に使ったらよいな(その記事はこちら

屋外では、露出を避けたりスキンガードや虫除け剤を使うのが良いね。

刺されたら、まずする事は冷やす!子供は速攻で痒くならない場合が多いから、気づかないかもしれんけどね。夏の病気の代表、とびひは厄介やからね。

参考になれば嬉しいです。

 

\ この記事をSNSでシェア /