こんにちはMayです。

 

2019年9月19日に面白いお店が三宮と元町の真ん中当たりにオープンしました。

その名も『ひょうご五国ワールド 神戸三宮横丁』です。

 

店内は昭和の時代に引き戻されたレトロな空間でした。

昭和を知らない人には面白く、私の様な昭和生まれの人間だと懐かしいぃ~~~って気分になりました。

 

スポンサーリンク

 

ひょうご五国ワールド神戸三宮横丁!店内は昭和!

店の前に立った瞬間から『昭和!』だったので笑ろた。

看板、大丈夫?ってくらい錆びてるんですよ。

看板って店の顔やろうに・・・。

 

ひょうご五国って何?

兵庫県は瀬戸内海から日本海まで占めています。

その兵庫県は摂津(阪神・神戸)・播磨・但馬・丹波・淡路という歴史も風土も違う個性豊かな五国からできています。

それぞれの地域にはそこでしか味わえない特産物や絶品料理があるんです。

それらを一箇所にコンパクト過ぎますがまとめたのが今回オープンする『ひょうご五国ワールド神戸三宮横丁』です。

 

お店情報

 

店 舗 名:ひょうご五国ワールド 神戸三宮横丁

所 在 地:神戸市中央区北長狭通2-1-6 三宮三陽ビル2階(Google Map

営 業 時 間  :平日16:00~24:00(LO23:30)

 土曜12:00~24:00(LO23:30)

 日祝12:00~23:00(LO22:30)

TEL     :078-321-4510

定 休 日:なし

客席    :約260席

 

お店の雰囲気

来店したのが日曜日だったので開店時間の12時を待って、お腹ペコペコ状態で入店。

12時過ぎだと言うのに店内はすでに多くの人が居て、飲食してました!

 

12時開店ちゃうんかぃ!と正直思った。

店内はめちゃ昭和~!懐かしぃ!

ちょっと薄暗い感じで、昭和の飲み屋!といった感じ。

生簀があり鯛やら何やら泳いでました。

 

丸椅子にテーブルが並んでいて周りに屋台風にお店が軒を連ねています。

 

 

座席も隣とかなり近い感じがしました。

 

お店の客層

お店の客層も・・・・昭和!でした。

まぁ、私も含めてなんですがね。

 

家族連れもいらっしゃいましたが、少ないです。

私が行った時は、一組でしたね。

お子さんは明石のたこ焼きを食べていました。

 

従業員は若者ばかりで、ほとんど平成生まれやろな。

 

私が注文した料理の感想

味は流石に専門店が出してる料理だけあって美味しい!!

 

  • ケンミンの焼きビーフン

 

  • ぶっかけお好み焼き

 

  • おにぎり

 

ここで焦ったんです!

周りの人達が呑んでいるのは、酒・酒そして酒!

水は貰えないのかと尋ねたら、

ありますよ。ありがとうございます。

と伝票機に打ち込んだ!!

 

ありがとうございますって何?? 何?え?

慌ててメニューを見たねん。

チーン!終わった・・・

『六甲布引の水 神戸ウォーター¥180』

 

こんな事なら水を頼まなかったら良かった・・・

と思いながら箸を進めたら、味が濃いいいいいいい

 

さっき後悔した水の注文を撤回することとなったわ。

水のお代わりが欲しくなったっちゅうねん。

 

が、レジでは伝票に水¥0って!

紛らわしい・・・でも、良かった♪

 

酒好きには堪らんやろ

料理の味がどれも濃いぃぃぃのはビールを呑む充て用にしてあるんやな!

と分かった。

 

周りはどのテーブルもビールから焼酎から日本酒からお盛んでしたよ。

日本酒を注文すると枡にコップが入ってて一升瓶を持ったバイトの女の子が注ぐんです。

注ぎながら何か大声で言って入れ終わる頃に『ヨイショ!』とお客さんも一緒に言う流れ。

 

まだ暑いからか、生ビールを呑んでる人が多かったです。

会員になると生ビールが100円引きになるとのことです。

 

まだお昼やと言うことを忘れかけた空間でした。

 

日本酒の一升瓶がずら~~~っと並んでいました。

メニューも数ページが日本酒。

60種類以上あるらしくこりゃ、酒好きは堪らんやろうと思いました。

 

ひょうご五国ワールド神戸三宮横丁まとめ

このお店は正直、お酒が好きな人が楽しむお店であって食事を楽しむお店ではないね。

料理は美味しいけど味が濃いいのでビールは確実に進む!

お酒を呑まない人には食べる物がないなぁ~と言うのが感想。

そして、値段設定は高いと思いました。

三宮の高架下北側にも居酒屋はあるけど、その辺りのほうが値段設定が低いでしょうね。

 

参考になれば幸いです。